FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Russian roulette 3

 



 Russian roulette
       Vol.3
 


 
 



 音也の指は優しく、唇はどこまでも情熱的で、舌は淫猥だった。

 「あ、はっ、音也く、だめぇ。」

 逃がさないとでも言いたいのか、顔を押しつけるように秘部を舌で執拗に愛撫し続ける音也に、春歌が根を上げた。

 小刻みに訪れる痙攣が、自身の限界を警告している。
 ぞわぞわと総毛立つ痺れが這い回る体を、最早どうしていいか判断出来ない。

 「ダメぇ! そこもうダメえっ!」

 太股の付け根を開いた状態で動かないようにされ、そのあまりの恰好にも羞恥を煽られる。
 自分が音也の好きにされる女だと思い知る束縛。それも悦楽を誘うのだ。

 しかしそれを悦びだとアッサリと認めるには、女という受け入れる側の性としての理性は壁となり、拒否の言葉に表される。
 
 そして、拒否の言葉は虚偽だと、襲う側にはきっと判るのだ。
 
 「ダメじゃないだろ・・・いいよ、イって。」

 「ああ、ああっ・・。」

 腰が強張る。
 腰だけでは無い。つま先も何もかも強張る。なのに指先だけが浮いたようになり、周りの景色が意味も無く見えなくなって、自分の中で何かが大きく膨れ上がる。

 「んんんっ・・・!」

 次に景色が見えるのは、膨れ切った何かが無くなった時だ。
 正確には、無くなりつつあるその時間に景色も次第に見えるようになると言うべきか。

 ぐったりとした体はどこまでも甘い気怠さに包まれて、思考回路はショートしている。
 そんな時に見る裸の恋人の濡れた目は、力の入らない体の奥に撒かれる油で、炎だけが盛る。その炎は自力では消せない。熱さに疼く下腹を宥めるのは容易ではなくて。

 だから助けを求める。
 目の前の、恋人に。自分を欲している男に。

 「あ、あ・・・。」

 上手く言葉にならず、声と目線、仕草で必死に訴える。
 緩慢な動作が音也を煽る。自然と拡げてしまった脚の間を見せつけるように、全身で音也に擦り寄って甘えた。
 
 「今、あげるから・・・。」

 固唾を飲む音也が、春歌に被さった。
 熱い、それでいて凶暴さの無いつるりとした切っ先が宛てられる。その、何度も教わった感触に期待して、春歌は期待の吐息を洩らした。

 どろどろに蕩けた内部のせいで、なんの障害もなくずるりと音也の熱が半分ほど一気に埋まった。

 「あああああああああああーー。」

 「・・・っ、く、ぅ・・・。」

 霞む目に映る音也の眉を顰めた顔。
 そのまま腰を進めて最奥まで辿り着いた彼が、春歌をきつく抱き締めてぶるりと大きく体を震わせた。

 快楽に歪む顔を見るのは、快楽を伝染させる行動なのだと思う。音也が感じてくれている事がこんなにも嬉しい。嬉しくて、またどぷりと大量の蜜が腹の奥から自然と溢れてくるのが自分で判る。蜜液が増えたのが判るのか、音也はすぐに激しく腰を動かし始めた。

 大きく出し入れする音也の動きで、ぐちゅぷちゅと卑猥な音が響く。
 
 こんなに大きな音を立てていたら、自分の蜜が大量に溢れたのだと音也に気付かれてしまう。春歌はそれが恥ずかしくて腰を捩った。

 秘密を知られるのは、いつどんな相手に対してであっても、とてつもなく恥ずかしい。

 「あっ、ダメだよ、そんな風に・・・っ。」

 「だって。だってえっ。」

 「ダメだ、俺、ずっとしたかったから、もう出ちゃうよ、動いちゃダメだ・・!」

 すっと一瞬、熱が引いた。
 たった今入れたばかりだと言うのに、満たされた欲求が直後奪い取られる切なさで、一瞬現実に戻った。

 そしてすぐ、それでもまだ今は中にある熱がくれる快感に引き戻される。

 だから強請る。
 今引き出せる言葉全てと、音也の腰を抱え込む脚を意識しながら。

 「いやぁ、まだ、イヤ、音也くんがいっぱいほしいです・・あああん。」

 「あげたいけど・・・ごめ。ダメだ、出ちゃう。ごめん、ごめんね。」

 堪え切れないといった吐息で言葉尻が掠れた音也が、避妊具を着けている為に中に埋めたまま放出した。自分の上に乗ったまま徐々に力の緩む筋肉の逞しい肩にしがみついて、春歌は上がる息を整えた。

 「ごめんね、俺、久しぶりだったから嬉しくて、全然持たなかった。」

 触れるだけの口づけを繰り返しながら、音也が呟く。
 
 「2回目、しよ? いいよね?」

 「え、え? え?」

 赤い頬で悪戯な笑顔を見せた音也が、手早く自分の吐き出したモノを溜めた避妊具を始末する。
 そして、まだ快感を残す体を横たえている春歌の口元に、勃起したままのそれを近づけた。髪を撫でる音也の手は、もう今すぐ2艘目の淫欲の船に乗ろうと誘う。

 薄く染み出たまま残った彼の体液が浮く先端が目に入り、春歌の腰回りにまたじわりと甘い痺れが走った。

 「舐めてくれるの、えへへ、嬉しい・・・。」

 体を起して吸い込まれるように目の前のモノを口に含んだ春歌の髪を、音也が撫で続ける。
 春歌はそのまま喉の奥咥え込み、舌で丁寧に、垂れる白濁の体液を舐め取っていった。




 

 
 その日は朝から天気が良くなかった。
 傘を持って、雨に濡れてもいいような素材のバッグを選ぶと、春歌は家を出て事務所へ向かった。こないだの曲を気に入ってくれた担当者は違う番組も手掛けており、是非そちらの番組の挿入曲もお願いしたいと言って来てくれたのだった。

 資料を受け取り、打ち合わせの日程を林檎から聴いて、春歌は手帳にメモする。
 
 「急で悪いわね、明日なんて。なんでもいいのよ、ほんっとに音を並べただけのラフで構わないわ。1曲何か持ってきてほしいって。それ以外は、あの担当者さんが自分でCDを用意してあるそうだから。」

 「わかりました。急でもとってもありがたいなって思います。頑張ります。明日、スーツじゃなくてもいいでしょうか・・・。」

 「大丈夫よ。就職活動してるんじゃないんだから。でもそうねえ、うーん・・・。そのブラウスだと可愛くてあなたの雰囲気には合ってるんだけど、仕事場では少し子供っぽいから、シャツとスカートの組み合わせにした方がいいかもしれないわ。」

 「判りました。林檎先生のアドバイスはとっても参考になりますので、そうします。」

 林檎に頭を下げ、事務所を後にする。
 建物の入り口を出ようとした時だった。

 「あれ?」

 「あ、先輩。」

 あの日以来で、嶺二と出くわした。
 だが正確に数えれば、10日も経っていないのだが。

 「こんにちは。」

 ぺこりと頭を下げる春歌を、嶺二が手で制する。

 「いいよ、頭下げる挨拶なんてかたっ苦しいの、ナシナシ。あれ、その資料・・・。」

 春歌が手に抱えた透明のクリアファイルから透ける文字を、嶺二が指さす。

 「あ、これは、今度この番組の音楽を担当させて頂けるコトになりまして。」

 「ええ、マジ? それホント? どっきりじゃなくてっ!?」

 「え? はい。マジですけど・・・。」

 大袈裟に驚く嶺二に、春歌も大真面目に返答する。

 「いやいや、これって運命じゃない? 実はこの番組、僕がメイン司会者なんだよ。トッキーも一緒でね、同じ事務所の後輩と頑張ろうと思ってたら、そうかそうか。後輩ちゃんも一緒なのかー。」

 「そうなんですね! 宜しくお願いします。」

 「お願いされちゃった。じゃー軽くお茶でも一緒に飲まない?」

 「は・・・え。」

 つい軽い調子につられて返事をしそうになって、春歌ははたと言葉を切った。
 しかし嶺二はそんな春歌の腕を掴むと、ニコニコしながら強引に駐車場まで引っ張って行った。




 

 「いやー・・・アイドルの宿命なのよ。人目の多い場所でのお茶はご法度。ごめんねーこんな可愛い子に外でお茶飲ませて。」

 「いえ・・・大丈夫です。景色が、きれいですから。」

 この間と同じ景色を、同じ相手と見ながら、春歌はコーヒーショップでテイクアウトしたカフェラテを飲んでいた。
 先日とは違い、曇りがかった暗めの空と街の境界を見ながら、少し涼しい向かい風を受ける。
 
 人目があるから店には入れない。
 それは何も嶺二が相手の時だけではなく、音也と居る時も一緒だったから、自分だけが入店してカウンターで商品をテイクアウトするのには慣れていた。

 「ちょっとぬるくなっちゃったね。まあ、火傷はしないからいいけど・・・ごめんね。」

 何度も謝る嶺二に、春歌が笑い掛ける。
 
 「大丈夫です。美味しいですから。」

 春歌も、大丈夫です、と繰り返すだけの返答をする。
 音也に、嶺二と2人きりにならないでほしいと切に言われたばかりだ。強引に連れられて来たとはいえ、居心地が良くなかった。

 「同じジュースとかコーヒーでも、外の空気を吸いながら飲む方がさ、部屋の中で飲むより美味しい気がしない? やっぱり、解放感がいいんだよねきっと。」

 「そうですね。」

 ボンネットに軽く浅く腰を掛けるようにして景色に目をやる嶺二の隣で、春歌は笑顔だけは絶やさずに、言葉はあくまでも他人に近いような距離を選んだ。
 
 相手は同じ事務所の先輩だ。失礼は良くない。
 この業界は、多分世の中の一般企業のそれよりも更に、先輩後輩はもとより、人との繋がりが次の仕事を呼ぶ。目上の人間には努めて礼儀正しくあるべきだ。
 
 大体、音也も彼にはマスターコースで大分世話になっている。思い返せばこの先輩に、本当に駆け出しの頃の音也は大失敗の尻拭いをさせた事もあるのだ。業界の常識を叩きこんでくれた恩もある。音也にああ言われたからとて、そうそう無下にしていい相手ではないのだ。

 夕暮れが濃くなり、嶺二が、帰ろうか、と声をかける。
 天気の所為か既に太陽が届かないので、実際の時間よりも遅いような気もする。

 にっこり笑って車に乗り込んだ春歌は、嶺二の 「ごめん、ちょっとシートベルトを調節するから。」 という言葉に自然に従った。

 運転席から身を乗り出し、体を被せるようにして来た嶺二にドキっとした瞬間、春歌はいきなり揺れた視界に声にならない声をあげた。

 「おりこうちゃん。素直な子は可愛いね。」

 「え! な。なっ。」

 目の前に嶺二の顔があって、そして、それ越しに見えるのは多分、この車の天井で、自分は多分、何かの衝撃で体が後ろに倒れた。

 たったそれだけを整理するだけの事だったのに、あまりにも突然だったものだから春歌は軽くパニックになった。
 起き上がろうとして力が入った胸部が嶺二の体で阻害され、その先へ行けない。

 「こんなコト言われてそのまま信じて警戒もしないなんて、君、大丈夫?」

 いつもより棘を含む声で言われて、春歌は少し怯んだ。
 それでも、その通りだったのだ。

 自分を見降ろす男を警戒する相手として見ていない放漫。
 だからこそ、叫ぶでも逃げるでもなく、些細であっても反論が先に来た。

 「そんな、シートベルトはだってこっち側にあるから、だから・・!」

 「だから、そんなの信じちゃダメなんだってば・・・かわいい。」

 ふっと、影の落ちた嶺二の瞳を見た春歌の体が強張る。そこでやっと、春歌は自分の放漫に気付いた。
 
 「ニコニコしてどこへでもついて来たら、男は勘違いしちゃう生き物なんだよねー。」

 「離して!」

 咄嗟に出た悲鳴のような声に、嶺二が笑った。

 「怖いんだ? 大丈夫。傷つけたりしないから・・・。」
 
 「・・・!」

 いきなりされたキスに、春歌は目を見開いた。
 無遠慮に差し込まれた舌が口内で暴れ、拒否の意を全身で抗って伝えようとしたが、全く思うように動けない。

 「イヤ・・・っ!」

 一瞬に唇が離れた隙に言葉で抵抗する。
 だが更に続けようとした言葉は、また嶺二の唇に飲み込まれた。

 嶺二の手が春歌のブラウスのボタンにかかり、春歌は必死で身を捩ったが、彼はあっと言う間にボタンをほとんど外すと、下着を乱暴にずり上げた。

 「ひぁっ!」

 持ち上げるように掴まれた乳房が嶺二の指を敏感に感じ取り、春歌は泣きそうな声を出した。
 そうしながら、彼の舌は春歌の首筋や耳の後ろを余すところなく舐める。音也では無い男に体を触られている現実で、全身の表面が嫌悪の泡にざわめきたつ。

 「やめ、やめてえ!」
 
 「ウソ。だって、こんなに固くなってるのに?」

 「んぁぁあ。」

 抓まれた胸の先はその言葉の通りで、春歌は刺激に下腹の奥が縮むのが判った。
 それが怖くて余計必死に身を捩り、嶺二の手から逃れようとする。誰かに見られるのでは。という恐怖で一瞬目を窓の外へ泳がせると、辺りは既にほとんど夜のような暗さになっていた。

 更に迫る闇と、目の前に居る嶺二の吐息に見える欲が、春歌を震え上がらせる。

 「ひ!」

 小さな一点の痛みが走った。チクっと針を刺したような、一瞬の、一点の痛み。
 それは少しだけ場所を移しながら、動けない自分に目の前が真っ暗になりながら泣き出した春歌の身体を点々と襲う。

 暫く続いた痛みが止まり、やっと、嶺二が顔をあげて春歌の目を覗きこんだ。

 「泣かせるつもりはなかったんだけどな。」

 零れた涙をそっと拭ってくれる。

 「泣いちゃったから、今日はこれで許してあげる。君が悪いんだよ? いっつもそんな風に、誘われればついてきてニコニコしてて。案外、おとやんと付き合い始めたきっかけも、その程度なんじゃないの。トッキーはムッツリだから気軽には女の子を誘いそうにないけど、おとやんはああだから、好きだって思ったら猪突猛進に近いからね。デートに誘われて、そのまま押し切られて付き合ってるんじゃなーい?」

 獲物を前にした肉食獣の眼に射抜かれて、春歌は動けない。
 言葉も出ず、呆然と固まったまま嶺二の下で震えている。

 「否定しないってコトは、やっぱりおとやんと付き合ってるんだ。・・・・ふーん、嶺ちゃん軽くショーック。」

 台詞と裏腹に、彼は大してショックを受けてないような雰囲気で春歌の上からどいた。 
 消えた圧迫感に少しだけ緊張の解けた春歌が、運転席に移り座る嶺二の目が自分を向いてないうちに慌ててずらされた下着を直して、胸元のボタンを留める。

 嶺二は肩をぐるりと回して、まるで何もなかったようにしている。

 恥ずかしさと混乱で、春歌はもう一度迫ってきた嶺二の動きに悲鳴をあげそうになったが、彼はシートを起こしてくれただけだった。

 そのまま嶺二を目で追う。
 視界の端に載る街の灯りが涙目で霞む。元々ここからだと滲んだように映る灯だ。

 「ボタン、閉めないの?」

 いつもの嶺二と変わらない口調で、顎でブラウスを示された。
 慌てて残りのボタンを留め始める春歌を、嶺二はおかしそうに見ていた。

 外はほとんど真っ暗になり、益々先ほどの灯りたちが存在を主張する。

 「僕とは、おとやんを気にせずに逢えばいいよ。」

 すっかり普段通りの嶺二から突然投げ掛けられた言葉の意味が解らず、春歌はぽかんと口をあけて彼を見た。
 
 今自分が置かれている世界は暗闇で、光が届かなくて手探りなのが不安だった。目の前にいた先輩が突然男だと認識する出来事が起こって、言うなればまだ右と左が判別がつかない。それなのに、そんな状態の自分の混乱が益々深まる言葉を投げられ、どうしていいのか、答えるべきか、何か言うべきなのかすら判らない。

 固まった春歌を見て、嶺二がおかしそうに笑った。

 「おとやんと僕とドッチがいいか、付き合ってみなきゃ分かんないでしょ。だから、また次の休みにデートしようね。どうしよっか、映画デートでもどう? 嶺ちゃんホームシアターで。」

 口許に微笑みを浮かべながら言う嶺二に、春歌が信じられないという顔をする。

 だが嶺二の方は、そんな事は意に介さないと言わんばかりに鼻歌を唄いながらエンジンを掛け、いつもと全く同じ調子で、春歌を寮まで送り届けたのだった。





                 
              

                 
             To Be Continued・・・







 

 



 

 

 

 
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みるくあずき2

Author:みるくあずき2
成人。
主婦。母。妻。嫁。娘。事務員。など。

本家ブログはアメブロ
http://ameblo.jp/milk15azuki
にて、乙女ゲームレビュー(感想・攻略? 雄叫び、乙女向けCDも愛聴)を書き綴っております。

乙女ゲ歴というかゲーム歴4年。
妻となり母となって大分経ってから見つけた趣味なので、遅咲きです。
遅咲きの狂い咲きってヤツですね。

本家ブログは只今リアル絶賛多忙中の為に気紛れゆるゆる更新です。コチラは元々気の向くままに進めています。

下のカテゴリからお好みのモノを選んで頂くと、連載は1話から読めます。

感想・お世辞は大歓迎ですが、苦情は受け付けられません。
鍵付きのコメントは、拍手コメントも含め一切の誤表示を防ぐ為、お返事は致しませんが、必ず読んでおります。励みになっております。有難うゴザイマス。
拍手とかコメントとか貰えると泣いちゃうくらい嬉しいですよ・・・。

鍵付きでは無いコメントは、拍手コメントも含め必ずお返事させて頂いております。
宜しくお願い致します。

只今うたプリだと トキ春 嶺春 蘭春 音春を筆頭にカミュ春や翔春、真春、レン春もございます。R18、オールNLとなりますので宜しくお願い致します。

だけど最近プリンスよりも先輩とかヘヴンズが好きだったり・・・。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。